ドライヤーで乾かす

こんにちは。

 

Kの相談室管理人、Kセンパイです。

 

お風呂上りのドライヤー

 

あなたはドライヤーの熱が髪の毛を傷めるからといって、髪を乾かさないでそのままにしたりしてないですか?

 

確かに、長い時間熱風を髪にあて続けるのはよくありませんが、かといって濡れたままにしておくのは髪にとってよいとはいえません。

 

 

髪は濡れたままにしているとどうなる?

 

洗髪後に、濡れた髪をそのままにしておくと、髪の水分が気化するときに熱を奪っていきます。

 

すると、どんどん頭皮の温度が下がっていくことになります。

 

その結果、頭皮の血流も低下することになるので、血液から栄養をもらっている髪の毛にとってはよくない状況が続くことになります。

 

タオルドライのあとにドライヤーで手早く

 

シャンプーのあとは、乾いたタオルで十分に水気を取りましょう。

 

タオルドライで水気が取れたらドライヤーで手早く乾かしましょう。

 

ある程度水分がとれたらOKです。

 

乾かす際は、くれぐれも近づけすぎたり、長時間同じ場所に熱風をあてないように気をつけてください。

 

Kセンパイでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事